検索

春まちワーキング


2018年ももうすぐ終わりです。

12月に入って寒くなったと思いきやまた暖かくなったりとなかなか気まぐれな師走です。

例年通りマツクイ虫の駆除作業中です。

伐倒はそこそこ進んでいますが燻蒸作業はまだまだ始まったばかりです。

僕も燻蒸木の積込班のメンバーとして今回も抜擢されましたよ。

積込作業というのは伐倒して細かく切ってあるマツの木を運んで一塊にし、マツクイ虫を駆除する薬品をかけ、その上からシートをかけて逃げられないようにして燻蒸して駆除することをいいます。

単純な作業ですが、何キロもあるマツをいくつも運んだり💪🏿、効率よく積むために燻蒸場所を選定したり🤓と体力と段取りが要求される作業でもあります。

そして何よりこの燻蒸に使う薬品の臭いに耐えられる忍耐力☠️が必要です。

汚い話で申し訳ないですがおならを何倍も濃縮したような臭いがします😵

まぁ…やってると結構慣れてはくるんですけどね…

そんな作業でも一現場やり終わったあとの達成感はあります。

長年片付けを拒んできたゴミ屋敷を行政代執行で片付けた後のような爽快感があります、まぁ感じ方は人それぞれですがね…

こういった感じで積み込んでいきます。

山の上は雑木がすごいです。

でも景色を見るとちょっと癒されます。

こんな感じで春まで頑張って参りますんでみなさんも体に気を付けてくださいな。

このブログを読んでくれた方今年はありがとうございました。

来年もまたよかったら読んでやってください。

最後に

偶然見かけた一枚です。